Doorkeeper

Startup Weekend Hachinohe 160311-13

2016-03-11(金)19:00 - 2016-03-13(日)22:00
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

8,000円 前払い
「SW参加チケット」は食事(朝/昼/夕 計7回)、ドリンク付です。

詳細


スタートアップ・ウィークエンドは八戸で仲間づくりと行動の一歩目を踏み出す54時間!

八戸を変えたいと思うなら、週末のイベントに参加してみませんか?
グーグルが協賛する世界的イベント、スタートアップウィークエンドが
八戸学院大学共催のもと、青森県で初めて開催されます。

あなたの住む街をより良い街に変えるため、イベントに参加しませんか。
あなたが望む良い街に参加者がアイディアを出し合い、行動します。


青森県初開催!全世界的イベント

Startup Weekendは現在世界135か国以上、800都市以上で2800回以上の開催実績があり、参加者は20万人を超えているイベントであり起業家コミュニティです。日本では昨年北海道から沖縄までの全国各16都市で51回の開催があります。東北では、仙台、山形、秋田で開催されました。今回「Startup Weekend Hachinohe」としては記念すべき第1回目となります。

全世界で開催される起業体験イベント、青森県第一人者に、あなたもなってみませんか?

開催中は、StartupWeekend日本法人理事長によるファシリテーション、
有名コーチからのコーチング、有名審査員による審査があります。

たった一度の週末で、大きな経験と貴重な人脈を得るこのチャンス、見逃すなんてもったいない!
「No Talk, All Action!」 まさにSWの精神で、まず一度体験してみてください。

スタートアップウィークエンドとは?

スタートアップウィークエンド(SW)とは、あたらしいなにかをつくりだす「スタートアップ体験イベント」です。
週末だけであなたは、アイディアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。

SWは金曜の夜、みんながアイディアを発表するピッチ(想いを伝えるプレゼン)から始まります。
そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、日曜の午後までに、ユーザーエクスペリエンスに沿った必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーはマネジメントとビジネスモデルの検証を、ハッカーは機能の開発を、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。ともに顧客開発に臨みます。

SW発祥は2007年、アメリカのコロラドです。その後、急速に世界中へ広まりました。これまで世界800都市以上で2800回以上開催され、なんと、15,000以上のスタートアップがここから生まれています。起業や何か始めてみようと思ったら、まずは参加してみるべきイベントだと言われています。
日本では東京のほか、北海道から沖縄まで全国16都市で開催しています。


スタートアップウィークエンド当日について

金曜夜から日曜夜まで54時間かけて開催されるスタートアップウィークエンドでは、7回の食事をドリンク付きでご用意しています。会場は朝8時から夜22時まで開いております。
深夜・早朝は会場が使えません。終了後は帰宅して休むかご自身で宿泊先を確保してください。
土曜午後にはコーチングが用意されています。詳細は当日ご案内します。


【タイムテーブル】

1日目:3/11(金)チーム作り

この日にアイデアがある方は1分間でアイデアピッチをしていただきます。そして、投票を行い、選抜後のアイデアでチームを編成し、初日は終了です。

時間 説明
18:30 オープン、ピザとお酒をつまみながら交流
19:00 イベントスタート、アイスブレイク
19:30 参加者による「1分間ピッチ」(課題、サービスアイデア)
21:00 チーム決め投票
21:15 チーム作り・作業開始
22:00 帰宅 (※各チームが会場の外で打ち合わせを行うのは自由です)

2日目:3/12(土)チームでの取り組み

終日チームでの作業時間になります。街に出て顧客の声を聞いたり、プロトタイプを作成したりします。アドバイスを希望するチームはコーチのメンタリングを受けることができますが、あくまで希望制で、必須ではありません。

時間 説明
08:00 オープン・朝食、チーム作業開始
12:00 昼食
14:00 コーチング開始
16:00 コーチング終了
18:30 夕食
22:00 帰宅

3日目:3/13(日)最終プレゼン

最終日。午後のプレゼンに向けて最終仕上げをしていきます。17時からは各チームが5分間(+質疑応答5分)で審査員の前でプレゼンをしていただきます。審査結果も発表されます。そのあとは、Party!!

時間 説明
08:00 オープン・朝食、チーム作業開始
12:00 昼食
15:00 プレゼンチェック
17:00 最終プレゼンテーション
19:00 授賞式(ジャッジとコメント)
19:30 懇親会

【ファシリテーターのご紹介】

李 東烈(Lee Dongyol)
日本NPO法人Startup Weekend 理事長

Lee-san

仕事熱心なエンジニアであり、東京を拠点としている起業家の一人である。彼は世界規模のスタートアップを生み出す方法について熱心に学んでおり、それがStartup Weekendの熱烈なファンになった理由でもある。


【コーチのご紹介】(五十音順・敬称略)

2日目にコーチングをしてくださるコーチのご紹介です。

浜 章夫( Akio Hama )
八戸学院大学 情報メディア課長

兵庫県出身。
企業が社員十数名から2千名規模に成長するプロセスや、ベンチャー企業の創業を経験。その後、IPOを目指す複数のシード期ベンチャー企業の業務フロー構築などのハンズオン支援で行う。
50代より、ひょんなことから地方の小規模私立大学の事務職員となり、旧態と対峙しながら業務改革・組織改革をもくろみ活動中。


【審査員のご紹介】(五十音順・敬称略)

3日目の審査をして下さる審査員(ジャッジ)のご紹介です。

[1] 淡路 俊彦( Toshihiko Awaji )
有限会社淡路会計事務所代表取締役社長
Awaji

中堅中小企業の経営戦略、経営計画等の支援を手がける。
経営系研修、セミナー講師等実施。
八戸学院大学起業家養成塾の講師等も担当。

[2] 小渡 章好 ( Nobuyoshi Kowatari )
八戸学院短期大学客員教授
Kowatari

専門は地域振興。
「リレー・フォー・ライフ・ジャパン八戸」の実行委員長を務め、がんに立ち向かい、人々に勇気を与える活動をしている世界各国の人に贈られる、「グローバルヒーローズ・オブ・ホープ(希望のヒーロー)」に2015年に選ばれる。

[3] 米田 大吉( Daikichi Yoneta)
NPO法人プラットフォームあおもり理事長
Yoneta

1964年青森市出身。県立青森高校、慶應義塾大学卒業。株式会社西友を経て、1994年青森県にUターン。県産品販路開拓支援、新商品開発支援および企業の人材育成と獲得の支援、学生のキャリア形成支援、求職者支援に取り組む。経産省地域人材バンク事業チーフプロデューサー、農水省青森県6次産業化プランナー、国立大学法人弘前大学人文学部非常勤講師、青森市あおもり産品販売促進アドバイザー、国立大学法人弘前大学COC協議会委員、青森県高等学校将来構想検討委員会委員


【スポンサー様のご紹介】

SW八戸開催にあたり、以下のスポンサー様から手厚いご支援をいただいております。
厚く御礼申し上げます。

ベニュー スポンサー・共催者

学校法人 八戸学院大学

スポンサー

たまに庵のーぼ様
nohbo
八戸ポータルミュージアムはっち一階にあるボサノバが聴ける和カフェ「たまに庵のーぼ」です。元シリコンバレーのITエンジニアと英語講師の2人でボサノバを演奏しながらカフェを営んでいます。

みちのくコカ・コーラボトリング株式会社様

Doorkeeper株式会社

[ 市内飲料系事業者(調整中)] 様

[ 市内飲食店(調整中)] 様

[ 市内タクシー会社(調整中)] 様

[ 市内公衆浴場(調整中)] 様


【八戸市の後援をいただいています】

Startup Weekend Hachinoheは八戸市より後援をいただいています。


【StartupWeekendHachinohe Facebookページ】

詳細は、こちらにアップしていきますのでお楽しみに♪
https://www.facebook.com/startupweekendhachinohe

過去参加者の声

Startup Weekend 参加をためらう10の理由?
サラリーマンのみんな。気持ちだけでもstartupしようよ
デザイナーやエンジニアが起業するために必要なことはここで学んだ
No Talk , All Action !スタートアップウィークエンドヨコハマに参加し、得た教訓。
※過去のSW参加者のブログ記事です。

【動画】

参加者密着の動画@youtube(山形の制作会社さんに作って頂きました。)
20分位の動画なのですが、3日間のドキュメンタリーとしてギュッと詰まってます。
(ショートバージョン)@youtube02

是非、一度ごらんになってください。


法人のウェブサイト

主催:NPO法人Startup Weekend Japan サイト
共催:八戸学院大学
後援:グーグル


キャンセルポリシー

StartupWeekend八戸参加チケットのキャンセルは2016年3月7日(月) 23:59までにご連絡いただければ決済システム手数料を除いた全額を返金いたします。それ以降は食事の支払いの関係で返金はいたしかねますので予めご了承ください。

コミュニティについて

スタートアップウィークエンド八戸

スタートアップウィークエンド八戸

“スタートアップウィークエンド(SW)”は、金曜夜から日曜夜まで54時間かけて開催される、「スタートアップ体験イベント」です。週末だけで参加者は、アイディアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。 わたしたちは、「より良い社会を作って行きたい!」そんな想いを持つあなたのためにこのイベントを開催します。 NO Talk, ALL Action!! ...

メンバーになる